toshiの福ペディア

現役ケアマネジャーの管理人が、介護業界の情報や副業、趣味などについてつぶやいていくブログです!

Tag:認知症ケア

こんばんは、管理人のtoshifumiです。
11月4日に開催された「日本認知症ケア学会 2018年度東海地域大会」
については以前の記事で紹介しました。
その中で、記憶に残っていることについて書いていきたいと思います。

という事で、今回は「認知症の方の本人ミーティング」について書いて
行こうと思います。

「本人ミーティング」の始まり


ここ2〜3年程でしょうか、「本人ミーティング」という言葉を耳にする
様になってきました。そもそも「本人ミーティング」とは、認知症施策
推進総合戦略(新オレンジプラン)の中にある「認知症の人やその家族
の視点の重視」が元になり模索段階の中、考え出された手法です。

確かに考えてみると、施設内で開かれるサービス担当者会議に入所者様
が参加をする事が(その法人の方針によって異なるものの)ほとんど
聞いた事がありません。
居宅の現場においても、よほど軽度の認知症の方以外ではあまり参加を
させず、代わりに家族様が中心となると知り合いのケアマネから聞いた
事があります。

やはり私達ケアマネの中に「認知症の人は会議に参加してもケアプラン
について理解してもらえないかもしれない」という意識が働いていたと
反省しました。

今回の本人ミーティングについて


今回の地域大会における「本人ミーティング」では、認知症の方に本人
ミーティングを行なって頂き、その雰囲気を感じ取る、という内容でした。

正直、私は「沢山の人の目もあるしいくら何でも酷なのでは?」と感じて
いました。
実際に始まると、私達ケアを提供する側に対して訴えたい事や、日常生活
の中で工夫している事や、夢などを生き生きと語ってくれました。
結局私の思いも独りよがりなものだった様で、さらに反省をしました。
 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、管理人のtoshifumiです。
今回は回想法について書いていきたいと思います。

回想法とは元々、アメリカの精神科医ロバート・バトラーによって
創始された心理療法です。
過去のなつかしい思い出を参加者同士で話し合う事で精神を安定
させる効果があるとされています。

回想法を継続的に行う事で、認知機能を改善させる効果があるとの
事で、日本では主に認知症の方に対するリハビリとして活用される
様になりました。

回想法の行い方


回想法にはグループで行う「グループ回想法」と「個人回想法」が
あり、参加をされる方の状況によって柔軟に対応していきます。

回想法では、参加者の方の5感を刺激する為に、懐かしい生活用品
やオモチャ、さらには当時食べられていただろう食べ物を提供する
等、多種多様なアプローチを行います。

この回想法ですが、地域事業として博物館や図書館を通して行なって
いる、いわゆる「地域回想法」という実践例があります。
そういった博物館や図書館では「回想法キット」というものがあり、
レンタルをすることもできます。
最近ではNHKアーカイブスで「回想法ライブラリー」という無料サー
ビスが提供されており、質の高い映像による回想法を実施する事が
可能になりました。

実際に行った感想


私も回想法基礎研修と回想法専門研修を受講しましたが、確かに自身
の思い出を他者に話し、共感を得る事は楽しいと感じました。
 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、管理人のtoshifumiです。
今回は、スウェーデン発祥のタクティールケアと認知症緩和ケアについて書いていきたいと思います。

タクティールケアとは


タクティールケアの「タクティール」とは、ラテン語の「タクティリス(Taktilis)」に由来するそう
で「触れる」という意味があるそうです。
元々は未熟児ケアを担当していた看護師の方が行ったのが始まりです。スウェーデン発祥のタッチケア、
とも言えますね。

タクティールケアの効果


タクティールケアは、手を使い10〜20分程度、相手の手足や背中を「押す」のではなく「優しく包み
込むように触れる」という特徴があります。手や足、背中に対応して手技があり、それを行うことに
よって、相手に安心感や信頼感等のようなリラクゼーション効果をもたらすと言われています。

これは、タクティールケアによる触れ合いによって、「オキシトシン」(安心と信頼のホルモン)が
分泌し、それによって不安や興奮が抑えられ、心地よさと安心感が得られるようです。

又、タクティールケアは医療的ケアではない為、タクティールケアを行う人も、受ける人にも制限は
ありません。認知症ケアに限らず、様々な場面で活用する事ができます。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、管理人のtoshifumiです。ここ最近、日中の温度差が大きく
なってきましたね。

今回は代表的な認知症ケアである、パーソン・センタード・ケア、バリデーション、タクティールケア
等の内からバリデーションについて紹介したいと思います。

バリデーションの歴史


バリデーションとは、1963年にアメリカのソーシャルワーカーである、ナオミ・ファイル氏が生み
出した、認知症高齢者とコミュニケーションをとる為の方法です。高齢者の方が尊厳を回復し、
引きこもりに陥らないように援助をする方法として構築されました。ケアを提供する私達が認知症の
方々の世界を理解し、共感をする事で信頼関係を深めていく事を重視しています。

バリデーションのテクニック


バリデーションは、14の基本テクニックを提唱しています。14のテクニックとは、
  • センタリング
  介護者が、自分自身の中にある怒りやイライラを追い出す事で認知症の人の気持ちを心から
  感じられる準備をします。
  • オープンクエスチョン
  「はい・いいえ」で答えられる質問ではなく、「いつ」「どのように」「どこで」「なぜ」
  「誰」「何」(5W1H)といった自由に回答できる質問を投げかける事で、相手の考えを具体的に
  知りやすくなります。
  • リフレージング
  認知症の人は、相手が自分の言う事を繰り返して、それが確認されると安心します。
  • 極端な表現を使う
  極端なケースをイメージすることによって、自分の気持ちを表現しやすくします。
  • 反対な事を想像する
  反対のことを想像することは、若い頃に困難から立ち直るためによく使った方法を思い出の
  中から導き出します。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ