ipadpro-17_TP_V4


こんばんは、管理人のtoshifumiです。
新年早々、Appleが2019年第1四半期(2018年10月〜12月)の売上高予測を修正したとのことです。
しかもこの修正、以前の予測では890億ドル〜930億ドルだったのに対し、840億ドルに引き下げをした
そうです。

そこで今回は、Appleの業績予測の下方修正の根拠について書いてみたいと思います。

業績下方修正の原因

下方修正の主な原因として挙げられているのが、

  • iPhoneバッテリー交換プログラムによる買換需要の低下
  • 中華圏での景気減速によるiPhone売上低迷
  • 米中貿易摩擦による影響

の上記3点でした。

中華圏での販売低迷はまだ理解できますが・・・。バッテリー交換プログラムを原因に挙げるのは
どうかと、私は個人的に感じました。
そもそも、バッテリー交換プログラムは、Appleがバッテリーの低下によってiPhoneが予期せぬ
シャットダウンをすることを懸念し、iOSアップデートによって意図的にパフォーマンスをさせていた
ことへの対応として始まったプログラムです。

ただ単に自ら蒔いた種を刈り取る時期だっただけではないか?と・・・。

本当は高級化路線が原因?(個人的見解)

個人的に全体の売上高が低迷した原因は、iPhoneやiPad Proで限定して言えば価格が高くなり過ぎた
事でしょう。日本では、iPhone3Gが7〜8万円でしたが、iPhone4では4万6080円(16GB)で販売
され、iPhone6 Plusで初めて10万円を超えました。
その後さらに高価格化し、現在では性能の良いノートPCが買える程の価格となりました。

流石に今まで通りは売れないでしょう。

iPad Proも同様ですよね。
そしてMacBook Airに関しても、確かに性能が現在の基準にアップグレードされたものの、もはや
MacBookシリーズで最も気軽に買えるモデルではなく、MacBook Pro13インチとほぼ同等の価格設定
となってしまいました。

 
そしてそれを裏付ける様に、iPhoneやiPad、Macの販売台数の発表を取りやめてしまいました。

その理由としてクックCEOは「iPhoneが機種によって価格が大きく異なるため、全体の販売台数を
報告する理由はほとんどない」と説明しています。
しかし、「再び販売台数にコメントするつもりがないという意味ではありません」「業績をより良く
説明することができると考えれば、喜んで情報を出しましょう」ともコメントしています。

実際に業績予測が下方修正されている以上、上記の説明を額面通りに受け取ることは難しいのでは?
とも感じてしまいます。

終わりに

今回はAppleの業績予測の下方修正について、その根拠となり得るものを書いてみました。

かつてジョブズ氏がiPhoneをプレゼンした時、その先進さに胸が踊りました。しかし現在ではスマホ
は所持していて当然のものになっています。(人によっては2台持っている方もおられるでしょう)

スマホ市場にもうかつての様な目新しさはなく、飽和しているのかもしれません。
そんな現場だからこそ、Appleには全く新しいモノを期待してしまいますし、現在のAppleの販売戦略に
疑問を持ってしまうのかもしれません。

参考:engadget日本版