cfb63a839b3c2a1bc88c6c25cde83c87_s


こんばんは、管理人のtoshifumiです。
今回は介護ロボットについて書いてみようと思います。

介護ロボットの定義


介護ロボットとは、
  • 情報を感知(センサー系)
  • 判断し(知能・制御系)
  • 動作する(駆動系)
という上記の3つの要素技術を有する知能化した機械システムと厚生労働省は定義づけています。
そして、ロボット技術が応用され、利用者の自立支援や介護者の負担軽減に役立つ介護危機の事を
介護ロボットと呼んでいる様です。

介護ロボットの種類


では、介護ロボットにはどれだけの種類があのでしょうか?経済産業省と厚生労働省から「ロボット
技術の介護利用における重点分野」というものが公表されており、6分野13項目において開発が進め
られており、徐々に実用化されています。
具体的には以下のものになります。

(1)移乗介助

  • ロボット技術を用いて介助者のパワーアシストを行う装着型の機器
  • ロボット技術を用いて介助者による抱え上げ動作のパワーアシストを行う非装着型の機器

(2)移動支援

  • 高齢者等の外出をサポートし、荷物等を安全に運搬できるロボット技術を用いた歩行支援機器
  • 高齢者等の屋内移動や立ち座りをサポートし、特にトイレへの往復やトイレ内での姿勢保持を支援するロボット技術を用いた歩行支援機器
  • 高齢者等の外出等をサポートし、転倒予防や歩行等を補助するロボット技術を用いた装着型の移動支援機器

(3)排泄支援

  • 排泄物の処理にロボット技術を用いた設置位置の調整可能なトイレ
  • ロボット技術を用いて排泄を予測し、的確なタイミングでトイレへ誘導する機器
  • ロボット技術を用いてトイレ内での下衣の着脱等の排泄の一連の動作を支援する機器

(4)見守り・コミュニケーション

  • 介護施設において使用する、センサーや外部通信機能を備えたロボット技術を用いた機器のプラットフォーム
  • 在宅介護において使用する、転倒検知センサーや外部通信機能を備えたロボット技術を用いた機器のプラットフォーム
  • 高齢者等とのコミュニケーションにロボット技術を用いた生活支援機器

(5)入浴支援

  • ロボット技術を用いて浴槽に出入りする際の一連の動作を支援する機器

(6)介護業務支援

  • ロボット技術を用いて、見守り、移動支援、排泄支援をはじめとする介護業務に伴う情報を収集・蓄積し、それを基に、高齢者等の必要な支援に活用することを可能とする機器


メディアでの紹介例


最も認知度が高い介護ロボットとしては、過去に「ガイアの夜明け」で紹介された
CYBERDYNE株式会社から発売されている「HAL介護支援用」でしょう。
ガイアの夜明けで放送された当時はどこかSFの世界の様で現実感が薄かったですが、いつか
介護の職場で当たり前になるとトランスファーが楽になるなぁ、と考えていたのを記憶しています。

その後徐々にテレビで紹介され、介護者が着用するのではなく、要介護者が着用する場面も
放送された時は「そういう使い方があったのか!」と衝撃を受けました。

しかし、介護ロボットは高価な物であるためか導入時、申請をすれば助成金が降りるのにも関わらず
導入できない事業所が多いのが現状です。

問題を解決するためには助成金の上限を上げるか、安価な介護ロボットが開発されるか、もしくは
事業所に経済的な体力をつけてもらう他ない様に感じます。

終わりに


今回は介護ロボットについて書いてみました。

介護ロボットが導入されれば、どれだけ介護業務が楽になるかを考えると、少しでも早く現場に導入
して欲しい、と思います。
又、AIを利用する試みも始まっていますから、近い将来には各種プランや介護報酬の計算などの様な
事務的な仕事に人手がほとんど必要なくなる日が来るかもしれません。
(ケアマネの私はあまりぞっとしない将来ではありますが・・・)

人手を増やすことも大切ですが、いかに業務の省エネ化を果たすかも考えていく必要があるな、と
感じました。

参考:厚生労働省
   介護ロボットポータルサイト