HAW8686_frutetogakuhu_TP_V4


こんばんは、管理人のtoshifumiです。
介護現場でレクリエーションを行う際、まず候補となるのがカラオケやミニゲーム・簡単な調理
などでしょう。

今回はその中でも音楽療法について書いてみたいと思います。

音楽療法とは、
音楽のもつ生理的、心理的、社会的働きを用いて、心身の障害の回復、機能の維持改善、生活の質の向上、行動の変容などに向けて、音楽を意図的、計画的に使用すること」をさすものとする。 
 引用:日本音楽療法学会

とあります。

音楽の始まりと現在


そもそも音楽は宗教の誕生とともに生まれ、儀式などに使われました。その後の宗教でも、賛歌に
音楽が用いられ、信仰を深めるとともに精神的な豊かさを深耕することにより、現在まで音楽は
人々に親しまれています。

その治療効果は古くから知られており、第一次世界大戦時、アメリカにて音楽を流す、もしくは演奏
することで傷病兵や帰還兵の治癒が早まった事例があります。

現在では、高齢者のケアや精神疾患のケアなど、様々な疾病に対するケアとして利用されています。

 

音楽療法の実際と職能団体


音楽療法には、音楽療法士という資格があり、日本音楽療法学会が主催しています。
音楽療法に関する資格に興味のある方は見てみると良いかもしれません。

実際の音楽療法には歌唱や演奏を行う能動的音楽療法と音楽を聴くなどの受動的音楽療法の2種類が
あります。
また、それぞれの音楽療法について、個別で実施する場合と集団で実施する場合があるので、対象者
の好みや状況によって最適な音楽療法の計画を準備する必要があります。

終わりに


今回は音楽療法について書いてみました。

私たちもストレスが溜まった時や、親しい人とリラックスした時間を過ごしたい時などに音楽を
聴くと、より良い効果が得られますよね。また、ピアノなどの楽器が弾けるとより楽しめます。

とても古くから音楽は親しまれ、私たちの心を豊かにしてくれました。これからも音楽は私たちの
心を癒し続けてくれることだと思います。

参考:日本音楽療法学会
   音楽療法 - Wikipedia