こんばんは、管理人のtoshifumiです。
11月4日に開催された「日本認知症ケア学会 2018年度東海地域大会」
については以前の記事で紹介しました。
その中で、記憶に残っていることについて書いていきたいと思います。

という事で、今回は「認知症の方の本人ミーティング」について書いて
行こうと思います。

「本人ミーティング」の始まり


ここ2〜3年程でしょうか、「本人ミーティング」という言葉を耳にする
様になってきました。そもそも「本人ミーティング」とは、認知症施策
推進総合戦略(新オレンジプラン)の中にある「認知症の人やその家族
の視点の重視」が元になり模索段階の中、考え出された手法です。

確かに考えてみると、施設内で開かれるサービス担当者会議に入所者様
が参加をする事が(その法人の方針によって異なるものの)ほとんど
聞いた事がありません。
居宅の現場においても、よほど軽度の認知症の方以外ではあまり参加を
させず、代わりに家族様が中心となると知り合いのケアマネから聞いた
事があります。

やはり私達ケアマネの中に「認知症の人は会議に参加してもケアプラン
について理解してもらえないかもしれない」という意識が働いていたと
反省しました。

今回の本人ミーティングについて


今回の地域大会における「本人ミーティング」では、認知症の方に本人
ミーティングを行なって頂き、その雰囲気を感じ取る、という内容でした。

正直、私は「沢山の人の目もあるしいくら何でも酷なのでは?」と感じて
いました。
実際に始まると、私達ケアを提供する側に対して訴えたい事や、日常生活
の中で工夫している事や、夢などを生き生きと語ってくれました。
結局私の思いも独りよがりなものだった様で、さらに反省をしました。
 
そんな「本人ミーティング」の中、ある方が「私はスマホがまだ
使えるので、スケジュール等を全てスマホに入力して、スマホに
教えてその日の予定を教えてもらっています。」と話しておられ
ました。

講演のテーマとスマホ


私は「なるほど」と感じたと同時にこれが今回の大会テーマ
「認知症ケアの未来予想図」にも繋がるんだな、とも感じました。

iPhoneに搭載されているSiriや Android端末に採用されている
Googleアシスタント等に代表される様なアシスタント機能は
私達からするとただの便利機能ですが、使い方によっては生活に
なくてはならないものになる、と改めて考えさせられました。

終わりに


以上、認知症の方の「本人ミーティング」についてかいてきました。

私達ケアマネジャーもサポートの視点をもう一度考え直さなくては
ならないと感じる一方、技術の進歩によってそう遠くない未来に
私達相談援助職はAIによって代行される様になるのでは?と冷や汗
をかいてしまいました。
反面、新しい技術に触れてみたいな、と考えてしまう自分自身に
苦笑してしまう様なひと時でした。