こんばんは、管理人のtoshifumiです。

前回は要介護(要支援)認定の申請からケアマネジャーとの契約までを書いていきました。
今回は、介護サービスの中でも居宅系サービスを中心にその種類と特徴について書いていきたいと
思います。

概要


居宅系サービスですが、「自宅で受けられるもの」「(施設等への)通いで受けられるもの」
「(施設等で)宿泊する事で受けられるもの」等の概ね3つに分けられます。
「自宅で受けられるもの」には、
  • 訪問介護(ホームヘルプサービス)
  • 訪問入浴介護
  •  訪問看護
  • 訪問リハビリテーション
  • 居宅療養管理指導(医師等による管理・指導)
があり、地域密着型サービスとして
  • 夜間対応型訪問介護
  • 定期巡回・随時対応型訪問介護看護
と言うサービスもあります。
一方、「(施設等への)通いで受けられるもの」には
  •  通所介護(デイサービス)
  • 通所リハビリテーション(デイケア)
の2種類あり、地域密着型サービスでは
  • 認知症対応型通所介護(認知症対応型デイサービス)
と、より認知症に特化したサービスがあります。。

「(施設等で)宿泊する事で受けられるもの」では
  • 短期入所生活介護(ショートステイ)
  • 短期入所療養介護(ショートステイ)
同じサービス名ですが、生活よりか療養よりのいずれかを選ぶ事が出来ます。
最後に、上記3つのサービスを組み合わせて受ける事のできるサービスとして、
  • 小規模多機能型居宅介護
  • 看護小規模多機能型居宅介護 (複合型サービス)
地域密着型サービスのみに2種類存在します。
では、それぞれのサービスを詳しく説明していきます。

訪問系サービス


  • 訪問介護(ホームヘルプサービス)
  ホームヘルパーが自宅を訪問し、食事や排せつ・衣類交換等のような身体介護
  や掃除・洗濯・買い物等の生活援助を行います。ここで注意点ですが、生活援
  助でホームヘルパーが行えるサービスの範囲は法律で
決まっています。
  • 訪問入浴介護
  浴槽を積んだ入浴車で自宅を訪問し、入浴の介助を行うサービスとなります。
  専用の浴槽を室内に搬入し、サービスを提供します。
  通常は看護職員を含む介護職員3人が1チームとなって実施しており、部分浴
  や清拭もこのサービスに含まれます。

  • 訪問看護
  主治医の指示に基づいて、看護師等の医療従事者が自宅を訪問し、療養上の
  世話や必要な診療の補助を実施します。
  具体的には病状の観察・管理や清拭等の介助、褥瘡の処置やカテーテルの
  管理等の診療の補助等が挙げられます。

  •  訪問リハビリテーション
  主治医の指示に基づいて、理学療法士や作業療法士・言語聴覚士等のリハビリ
  テーションの専門職が自宅に訪問し、身体能力の低下予防や回復を図る為の
  専門的なリハビリテーションを実施します。

  •  居宅療養管理指導
  医師や歯科医師、薬剤師、栄養士等のような医療の専門職が、難病や障害で
  通院の難しい方の自宅に訪問し、療養上の管理や指導を行います。

  •  夜間対応型訪問介護
  夜間(午後10時~翌朝6時を必ず含む時間)に、決まった時間にホーム
  ヘルパーが訪問する定期巡回型や、体調の不安など利用者の通報に応じる
  オペレーションサービスの他に、通報を受け、その都度訪問する随時対応型
  という3つのサービスを一括して提供しています。

  •  定期巡回・随時対応型訪問介護看護
  定期的な巡回サービスの他、緊急時等の随時の通報により、必要に応じて
  自宅への訪問を実施します。身体状況等により、介護サービスのみを利用
  する方法と、介護・看護の両方のサービスを利用する方法を選択する事が
  可能となっています。 

通所系サービス


  •  通所介護(デイサービス)
  介護保険施設やデイサービスセンター等へ日帰りで通い、入浴や食事の
  提供等を通して日常生活機能の向上の為の訓練を提供します。
  このサービスは訪問介護と共に居宅系サービスの中心的なサービスです。
  又、 事業所により「通所介護」
「介護予防・日常生活支援総合事業
  (総合事業)」に分けられます。

  •  通所リハビリテーション
  医師が利用を認めた場合に利用ができるサービスです。デイサービスより 
  医学的ケアや心身機能の維持回復に重点がおかれています。
  理学療法士や作業療法士等、専門職が配置されており、リハビリも個別・
  集団訓練の2通りの訓練が実施されています。

  • 認知症対応型通所介護(認知症対応型デイサービス)
  利用対象者を認知症の方に限定しており、より認知症ケアに特化した
  デイサービスとなります。それ以外のサービス面は通常のデイサービス
  と違いはありません。

施設系サービス


  • 短期入所生活介護(ショートステイ)
  介護保険施設等に短期間入所し、入浴や食事等の介護や機能訓練を
  受ける事ができるサービスです。
  利用期間は通常数日間程度となります。

  • 短期入所療養介護(ショートステイ)
  介護老人保健施設等の施設に短期間入所し、医学的管理の元で入浴
  や食事等の介護や機能訓練を受けることができるサービスです。
  上記の短期入所生活介護と比較すると、医療的要素が強いサービス
  となります。

※なお、上記2つのショートステイサービスですが、利用中に健康状態に
 変化があった場合、施設での薬の提供や病院への受信は原則できない為、
 家族の方による対応が必要になってくる場合があります。

終わりに


以上が居宅系サービスとなります。こういったサービスを組み合わせ、在宅生活の継続や在宅生活への
復帰を目指して行くことになります。
次回は、施設系サービスについて書いていきたいと思います。